記事詳細ページ

週刊全住協NEWS Vol.0269 (20181005)

週刊全住協NEWS Vol.0269
8月の新設住宅着工は前年比1.6%増の8.1万戸〜国交省調べ、持家、貸家及び分譲住宅が増加

●8月の新設住宅着工は前年比1.6%増の8.1万戸
 〜国交省調べ、持家、貸家及び分譲住宅が増加
●国交省、全国の主要建設資材、需給は全てが均衡、価格は全てが均衡
●国交省、平成30年度1Qのリフォーム受注高2.7兆円、前年同期比13.0%減
●住金機構、4-6月期の金融機関等の住宅ローン新規貸出額は4.2%減の4.7兆円
●アットホーム、8月の首都圏・居住用賃貸物件の成約数は前年比3か月連続減
●不動産流通推進センター、「最新の不動産テックの動向など」10月19日開催
●土地総研、「都市のスポンジ化への対応と改正都市再生特措法」11/1開催

 (URL) http://www.zenjukyo.jp/new_info/week/data/181005NO0269.pdf

2018.10.05:[お知らせ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
  • 入会案内|入会メリットが満載です
  • 会員紹介
  • 一般社団法人 全国住宅産業協会
  • 住宅金融支援機構
  • 国交省/不動産の取引価格検索
  • 空き家問題相談窓口

Access 97,850pv (2016.08.10〜) Today 79pv Yesterday 173pv Contents 107pages