記事詳細ページ

週刊全住協NEWS Vol.0335 (20200207)

週刊全住協NEWS Vol.0335
令和元年の住宅着工は4.0%減の90.5万戸、3年連続減〜国交省、12月は7.9%減の7.2万戸、持家・貸家・分譲が減少

●令和元年の住宅着工は4.0%減の90.5万戸、3年連続減
 〜国交省、12月は7.9%減の7.2万戸、持家・貸家・分譲が減少
●国交省、令和元年11月の建設総合統計、出来高総計は前年比1.8%増の5兆円
●国交省、令和元年12月の建設労働需給、全国8職種の過不足率1.5%の不足
●国交省、1月の全国主要建設資材、需給は全てが均衡、価格は軽油がやや上昇
●日本住宅総合センター、「オリンピックイヤー後の住宅市場の展望」2/20開催
●クール・ネット東京、「テナントビルの低炭素化・省エネ化の普及促進」2/27開催
●不動産適正取引推進機構、「民法改正も踏まえた媒介契約のポイント」2/20開催
●土地総合研究所、『官民連携のまちづくりは「公園から!」』2/26開催

 (URL) http://www.zenjukyo.jp/new_info/week/data/200207NO0335.pdf

2020.02.07:[お知らせ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
  • 入会案内|入会メリットが満載です
  • 会員紹介
  • 一般社団法人 全国住宅産業協会
  • 住宅金融支援機構
  • 国交省/不動産の取引価格検索
  • 空き家問題相談窓口

Access 184,194pv (2016.08.10〜) Today 36pv Yesterday 202pv Contents 174pages